«

»

12月 04 2010

Edge500とでかけてきました

edge500_team_120.jpg

先日の2010ジャパンカップでTeam Garmin-Transitionsのダニエル・マーティン選手が優勝して、
翌日開かれ、私も参加させていただいた
Team Garmin-Transitions アフターパーティー「Cutting Edge」
がさらに盛り上がったのはとてもうれしく、貴重な経験でした。

GPSストアのスタッフはバックカントリースキーやボード、登山、渓流釣り、山菜採り等それぞれのフィールド(遊び!!)でGPSを活用している者ばかり。
私自身は普段ザックの肩ベルトにはだいたいいつもForetrex401
自転車でぶらぶらするときは地図表示・ルート案内が出来るGPSMAP60CSxをもって、ロード自転車に乗りながらもあらゆる車種に追い越されながら、ゆらゆらとしているのですが、
「edge500日本版限定カラー」も手に入れました!!
そう! 私は所属するクラブチームのジャージの色になんとなく似ている、
この色のedge500の発売を、心から待っていたのです。
edge500は地図表示がありません。
ポイント登録してその方向を案内するという機能もありません。
ですので標準で添付されている心拍、ケイデンス・スピードセンサーを使ってのトレーニング記録+GPSロガーという考え方で使うものです。
私は体を鍛えるというよりは、日々のサイクリングをいかに楽しくするかをテーマにしていますので、トレーニングとは無縁と思っていたのですが、
心拍表示の様子を見ながら、がんばり過ぎないで、長くゆっくりと進むためのガイドになってくれるのではという理由から、最近はトレーニング系のものにも興味を持ち始めていたのでした。
edge500とのはじめてのサイクリングは、
案内をすること重視していないこのedge500を使って、行ったことの無い場所にたどり着けるか、というのをテーマにしようと用意を始めました。
ちょうど誘ってもらったサイクリングの行き先は、埼玉県・鴻巣駅の近く、
荒川の川幅日本一にちなんで誕生した、「鴻巣川幅グルメ」川幅うどんをいただくことが出来る
「長木屋」さんです。
川幅うどんは新聞で読んだことがあって、一度いただいてみたいと思っていたのでした。
他のみなさんは埼玉県小川町側から、私は練馬区から単独で、「長木屋」さんで集合です。
edge500のデビューに、いい課題をもらったと思いました。
edge500には「コーストレーニング」というメニューがあるのですが、
コース表示は表示として、まったく同じ道をたどらなくても、コースと違う位置にいればそれはそれで参考になり、
結果、コースの最終地点の目的地にたどり着けば目的は達成すると考え、それを実行することにしました。
自宅から「長木屋」さんまでのルートをルートラボのページで作り、tcx式でダウンロード、
edge500の管理ソフト「トレーニングセンター」でコースとして読み込み、
edge500へ送信しました。
edge500-11-30-03.JPG
わたしのedge500デビューの日、
すばらしいお天気でよかったです!
この日私はedge500に夢中で、空気入れを忘れたことに、だいぶ走ってから気がつきました。
こんなときに限ってパンク?
って少しびびりながら
でも最悪の場合、こんな平日の昼間、たまに出会うサイクリストの方にもお世話になってしまおうと
覚悟をきめたのでした。
edge500-11-30-01.JPG
コースを素直にたどっているときは
現在地はほとんどコース上にあります。
横につけているのはForetrex401
これにはあえて目的地のポイントは入れずに
edge500-11-30-02.JPG
コースを外れると、音がなって
表示が
edge500-11-30-05.JPG
自宅の練馬区から北へ、
笹目橋あたりから通いなれた荒川サイクリング道
川を離れてからも、コースと、コースの最終地点に近づくように進むと
edge500-11-30-07.JPG
無事到着!!!
edge500-11-30-06.JPG
念願の川幅うどんをいただくことができました。
結構量を食べる私も、おなかいっぱい!!
edge500-11-30-04.JPG
帰りはまた、単独で。
コースと往路で残った軌跡を参考に、荒川サイクリング道に戻れば、
もういつもの道です。
edge500-11-30-08.JPG
荒川サイクリング道上の、川幅日本一の地点
edge500-11-30-09.JPG
帰り道、榎本牧場にも行きました。
ご家族連れだけでなく、土日は自転車乗りたちでもにぎわう榎本牧場も、平日のこの日、ロードは私だけ、自転車ラックも貸切でした!!
edge500-11-30-13.JPG
榎本牧場からの帰り道、
サイクリング道は、枯葉で埋もれています。
道の境目もわからないところも。
何か踏まないか、道の端に落ちないかとひやひやでした。
edge500-11-30-16.JPG
タイム    6:24:13
距離    105.78km
平均速度 16.5㎞毎時
消費㌍   2170キロカロリー
このサイクリングの締めくくりは、所属するクラブチームの母体となる、練馬区にある自転車やさん。
監督(店主)に報告すると
この平均時速に一瞬絶句、
でもすぐによくがんばったねといってくださいました。
チームとしてはすごく遅いかもしれないのですが、
もともとの私を考えると、自分で言うのも何なのですが、こんなに走れ
るようになったのです!!
それもチームのおかげ、そしてついていけなくても何とか自分で帰れるGPSのおかげなのです!!
edge500-11-30-21.jpg
帰宅後、
管理ソフトであるトレーニングセンターで、履歴を送信してみました。
準備をしておけば、行ったことがない場所でも、簡単な案内が出来るのを確かめられました。
また特に準備をしていなくても、履歴が増えていけば、道がわからなくなったときもその近辺の履歴からコース表示をさせて
コースをそのまま走らなくても、コースと現在地の位置関係で大体の場所がつかめて、
次どのように進むか考えやすくなると思いました。
自宅で作業しているとき、気がつくと衛星を捕捉している模様、
店頭のGPS全般に対して、空が大きく開けた場所で停止して衛星の補足を待ってくださいと、店頭でお客様にはご説明するのですが、
期待した以上に感度がいいようです。
今回はとても大雑把なコース設定で、最終的にコースの最終地点にたどり着ければよしという進み方をしましたが、決まった道を走るイベントなどならあらかじめ走るコースを細かく設定したものを送信しておけば、コースのとおり忠実にたどることも可能です。
トレーニングセンターを使えば、コース上の途中に寄りたい場所、曲がりたい場所などの目印をつけることも出来るようですので、次回はそれを細かく設定して走行中どれぐらい役に立つのかをやってみたいと思います。
あと、せっかくトレーニング用ですので、チームの監督とも相談して、普段の生活にあまり負担のかからないような心拍トレーニングもできたらいいなとおもいます。
すべては、今日より楽しい次のサイクリングのため!!
冬こそサイクリングのシーズン!!
荒川のサイクリング道を、レースがシーズンオフの有名な選手がゆったりと走っているのに会えるかも!!
私たちといっしょに、edgeの楽しい使い方を考えてみませんか。
また他の自転車用GPSのレポートも、やってみたいです。
GPSストア 自転車班

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>