«

»

5月 07 2010

zumo660のマウントをTOURATECHにフィッティングする方法

店頭にお出で頂くお客様の中でもご質問の多い、zumo660モーターサイクルマウントTOURATECH  zumo660用マウント、そして、RAMのAMPSホールパットとの合体方法についての情報です。

では、写真を交え、実際の組み立て方法を紹介して行きます。

作業は大きく分けて2つの工程があります。
1つは、モーターサイクルマウント上部カバーにあるセキュリティービスの撤去。
もう1つは、RAM AMPSホールパットの取り付けです。

IMG_3233_640.jpg

まずは、工具を用意します。
・ソケット 8mm
・ソケット 7mm
・ヘキサゴン(六角レンチ) 2.5mm
・+ドライバー No.0
・先の細いラジオペンチ(右のものは撮影用に置きましたが、これでは先端が太すぎです)
日本向けマウント独自のセキュリティービスは、必要が無ければそのままで越した事は無いのですが、撤去せずにTOURATECHに組み付けると、上部ロックカバーが完全に閉まらずにキーが抜けません。
IMG_3223_640.jpg撤去に関しては、ニッパーでブチンと切断してしまうのが簡単ですが、リセールバリューを考えるとなかなか踏み出せないのも事実ですので、ここでは、再生可能なように分解していきます。
zumo660モーターサイクルマウントは7箇所のビスで固定されていますので、No.0の+ドライバーを使ってこれを緩めます。

IMG_3227_640.jpg

カバーが2枚に割れると、本体脱着用のレバーが開放され、レールから外れるとどこかに飛んでいきますので、予め外しておいたほうが良いでしょう。

IMG_3224_640.jpg

2枚のカバーに割れたら、本体固定用のツメを上部に押し付けているスプリングを外します。
スプリングは突起にはまっているだけですので、ラジオペンチで縮めてあげれば簡単に外れます。ですが、ここで気を抜くとバネの力でどこかに飛んでいってしまうので気をつけてください。

IMG_3225_640.jpg

これが外れると、上部カバーの稼動部が分離できます。
これで、セキュリティービスが良く見えます。
構造は、スプリングを噛ませたセキュリティービスが稼動部に開けられた穴を貫通し、Eリングで固定されています。
zumo550と基本構造が同じです。
お分かりのように、セキュリティービスを抜くためにはこのEリングを外す必要があります。
Eリングの開口部をこちらに向けてから左手でセキュリティービスの頭を押さえます。そして、右手に持ったラジオペンチで開口部左右末端を、向こう側に押してあげるとコツッと抜けます。

IMG_3226_640.jpg

しかし、ここも気をつけどころです。
Eリングは抜けた瞬間どこかに飛んでいき、カーペットの中などに入ろうものなら発見不可能です。
この作業は、例えばビニール袋に手を突っ込んで行うなど、Eリングの紛失に細心の注意を払ってください。
右は抜けたビスとスプリングです。
はい、最新の注意を払わなかったために、EリングはGPSストアの床板のどこかに吸い込まれてしまいました(笑)
皆様はお気をつけ下さい。
外した、セキュリティービス、スプリング、Eリングは大切に保管しておきましょう。
そして、分解したものを元に戻します
モーターサイクルマウントが元に戻ったら、次はTOURATECHへの組付けです。
ハーフインチのハンドルブレーズなどに装着の場合は、購入時より組まれているハーフインチ用クランプを使った実車への取り付けになりますが、RAM AMPSホールパットを介しRAMの各種ベースパーツを使って取り付ける場合は、TOURATECH側の取り付けビスを位置変更する必要があります。

IMG_3229_640.jpg

購入時の位置は、左右に離れたパターン。

IMG_3230_640.jpg

これを右写真のように内側へ差し替えて
移動します。

IMG_3228_640.jpg

但し、この取り付けビスはそのままだと抜けませんので、ラバーブッシュ固定用のビスを緩めてあげる必要があります。
7mmソケットと2.5mmのヘキサゴンが必要です。
全部で4箇所固定されていますが、どちらかサイドの2本を緩めればビスの移動が可能です。

IMG_3231_640.jpg

取り付けビスをAMPS規格のホールに移動したら、先ほど緩めたラバーブッシュ固定用ビスを元に戻し、RAM AMPSホールパットを固定します。
ビスの頭側は、マウント側の四角い切り欠きと合わさって回転しないようになっていますので、これが合致している状態でナットをそ~っと締めます。
このナットは8mmソケットです。
ここまでで、zumo660用モーターサイクルマウントTOURATECHマウントの組み付けは終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>