«

»

6月 13 2010

YUPITERU ATLAS ASG-10 新入荷

ユピテルの地図無しシンプルナビASG-10が入荷して来ました。

早速デモ機を下ろして、使い勝手を試していますので、その中で何点が気がついたところをご報告。

ASG-10は、今後リリースされるソフト(ALTAS TOUR Planner)を使い、「ルートラボから落としたgpxファイルをアップロードしてナビゲーションをさせる。」

という使い方が期待できる、低価格のシンプルナビです。

asg-10_mount.jpg

まずは、自転車へのマウント部をチェック。
ASG-CM11の時は、RAMのEZ ON/OFFベースを使ったもので耐久性が心配されたのですが、対して、ASG-10はASG-1と同じくステムやハンドルにタイラップでベースを固定し、レールに沿ってスライド装着するものです。
レール部は全長の1/3しかありませんので、ASG-1に比べ、全長で4mm、重量で5gアップしたASG-10では、少し頼りない感じがします。
また、脱落防止のロックが、本体側の穴にマウント側の突起がはまり込むタイプなのですが、この噛み込みが浅すぎて、ロックレバーを押さない状態でもスライドしてしまいます。
恐らく、走行時の振動で脱落しますので、ストラップによるバックアップは必須かと思います。

asg_10_cource.jpg

期待の「フォローコース」を試すべく、装着後に周囲を自転車で一周して来ました。
「履歴内検索」から、日付時刻と距離を確認して選択します。
走行時間や最高速度、消費カロリー、高低差などの詳細データが表示され、「再生」ボタンを押すと、スタート地点の選択が入り、次に4種類の表示形式選択。
トラックアップ表示の「軌跡表示2」を選択したのが右の写真です。
中心の小さな円の中に黒三角がありますが、これが自己位置。
黒線が履歴検索から得られたコースです。
特に矢印などは表示されませんので、「自分で軌跡を見ながら走りなさい」という事かと思います。
その後、ALTAS TOUR PlusをPCにインストールして、軌跡の確認をしようと思ったのですが、どうもうまく繋がりません。
説明通りに、プロダクトキーを使ってダウンロード&インストールを行ったのですが、どうも繋がりません。
接続方法としては仮想comポートを作るドライバーのようなのですが、デバイスマネージャー見ても「!」マークが付いています。
Windwos7機とWindowsXP機と、2台のPCで試しましたが、どちらも同じ症状でした。
もう少し、色々と触ってみようと思います。
また、ボディやボタンががホワイトという点は外使いには余り適さないかもしれません。
スティックボタン左右のラバーボタン部が少しずつ汚れてきました。
■YUPITERU ATLAS ASG-10 18,900 店頭又はこちらでご購入頂けます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>