«

»

12月 25 2009

ユピテルATLAS ASG-CM11 明日12/26(土)入荷予定です!

ASG-CM11.JPG年の瀬も押し迫ってまいりましたが、明日12/26(土)に新機種が入荷する予定です。

◆ ユピテル ATLAS ハンディGPSマップ 「ASG-CM11」
39,900円(税込) メーカーウェブはこちら

昭文社「全国版MAPPLEデジタルデータ」搭載のGPSレシーバーです。

雰囲気的には、GARMIN Edge705とOregon300の間のような感じですね。
IPX6の防水に内蔵充電池16時間駆動、実力がとても気になります。
実機が来る前に、メーカーサイトで公開されている操作マニュアルから読み取れる範囲での感想を書き綴ってみます。
・電子コンパスのキャリブレーションが1方向ではないので、3軸コンパス採用か?
 確かに、ハンドルバー上では必ずしも水平に設置するのは難しいので理にかなっている。
 移動を始めるとGPS方位に切り替わる機能は、GARMINと類似。
・地図はラスターか?
 搭載される地図として「MAPPLE」の10,000図、25,000図、200,000図、1,000,000図と4種類の承認番号が記載されている。これを切り替えながら、14段階のスケール表示に対応しているようだ。
・ナビは「直行ナビ」のみなのに、自転車/ランニング/ウォーキングのモード切替があるのはなぜ?
 ルーティングに関係しないとなると、何が変化するのだろうか?地図描画?
・マップマッチングのON/OFF設定がある
 徒歩使用もOK
・緯度経度の設定機能が見当たらない
 WGS84/ddd-mm-ss.sの固定か?
・micoSDへのトラック記録の上限が記載されていない
 容量の続く限りOKか?その場合、操作マニュアルには、
 「2GBのmicroSDには毎秒設定で毎日3時間走行3年分記録可能」とあり、ポイント数に換算すると11,826,000ポイント。
 micoSDは製品ごとの誤差が大きいため細かい事を並べても意味が無いかもしれませんが、2GBを2048MBではなく2000MBと考えると、10,000ポイントあたり約1.7MB
 GARMINの10,000ポイントあたり約1.2MBと比べると情報自体がリッチなのか?圧縮が弱いのか?
・ログ記録設定は「時間」と「距離」のみでGARMINお得意の「自動」は無い
 内蔵メモリにチマチマ貯めていた内蔵メモリ時代では無いし、特に自動も必要無いか?
・過去の履歴管理がとても見やすそうだ
 ある意味日本的な感じ
・地図ページのトリップ項目は無し~2項目
 沢山表示できても地図が狭くなるし、2項目もあれば十分?
自動ポーズの設定は速度指定不可
 測位不安定時でも大丈夫か?
 指定できました。 停止時/速度(00.1km/h)/オフ
・プロフィール設定には自転車の重量設定が無い
 カロリー計算の精度が良くない?それとも、モード設定でデフォルトの重量が加算されるのか?
と、この位でしょうか気になった点は。
この機種も他の商品にならいデモ機をご用意しますので、Edge705と並べてみるなど、是非、店頭でご覧頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>