«

»

12月 25 2010

TOURATECH PDA用ホルダー2種入荷しました

toura_pda_m_fr_500.jpgバイクでも人気のnuvi1360、nuvi1460に使用できそうな、「IPX6」のホルダーが入荷しました。

いずれも、本日より店頭、オンラインストアでご購入いただけます。
                                                        /14,595(税込)

                                                        /13,860(税込)


nuviをバイクにつけて、少しくらいの雨でも使用できるようにしたいのだけど…

たくさんのお客様から、このようなご要望をいただいておりました。
そこで、気になっていたTOURATECH 2010年カタログから掲載されている「IPX6」のPDAホルダーを2種類、取寄せてみました。
まずは、nuviを入れてみましょう。
左は「スタンダート」にnuvi1360を、右は「スクエア」にnuvi1460が入っています。
PC201521.JPGのサムネール画像
PC201518.JPG
「スタンダード」のクリアパネルはジャスト4.3インチ、そして「スクエア」のパネルもジャスト5インチでした。いずれも、左右または上下に余裕がありますのでパッキンは必要ですが、ほぼピッタリな使用感です。クリアパネルの上からの操作も問題ありません。
但し、工夫が必要な点が2点ございます。

PC201522.JPG

一つは電源です。電源ケーブルをファスナーを開けてつなぐとIPX6でなくなってしまいます。
そこで、「スクエア」に、nuvi1460とSANYOエネループリチウムイオンバッテリーKBC-L2BSを重ねて入れてみました。
厚みには余裕があるのですが、ケーブルによってはうまく収まるか少し心配です。

PC201541.JPG

もう一つは、バイクへの取り付けについての工夫です。
通常のTOURATECH製品と同様にハーフインチのステイに直付けできるパーツが付属しています。
直付けパーツをそのまま使用しますと、「スクエア」は横向きにつきますが、「スタンダード」は縦向きになってしまいます。横にしてご使用になるには、RAMマウントをつける必要がございます。
なお、振動については、TOURATECHではランク上の「MvG」を採用していますから、直付けでも問題はないと思われます。
最後に、肝心の防水性能について。
「IPX6」とありますが、縫い目がシームされているわけではなく、本当に大丈夫?という感があります。
やはりカウルの中でのご使用をお薦めいたします(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>