«

»

11月 10 2011

nuvi3770Vとnuvi2465でのTOPO表示

店頭で実際にお確かめ頂いた後に、ご納得の上でご購入頂くというケースが意外と多い、nuvi+microSD版TOPOとの組み合わせ。

メーカーの動作保証は全くありません。
今回もnuvi3770Vとnuvi2465で試してみました。

nuvi3770V_topo1.jpgまずは、nuvi3770Vです。

今までのnuviやハンディGPSと比べると、画面解像度が800×480と高いためか、山小屋や水場アイコンが非常に小さく表示されますが、その他、等高線のバランスは問題無いようです。
DEMデータによる地形陰影表示も、いい感じに掛かっています。
nuvi3770Vの特徴でもある、縦表示にしてみました。
nuvi3770Vは電子コンパスも内蔵されていますので、こういった用途でも使えそうですね。
の組み合わせでした。

nuvi2465_topo2.jpg

次はnuvi2465で試してみましょう。
こちらは、480×272という一般的なnuviの解像度です。
アイコンの大きさは丁度良いのですが、等高線の太さが良くありませんし、地形陰影表示も掛かりすぎに思えます。
あまり、相性が良くないように思えます。
何度もお知らせしますが、メーカー動作保証の無い組み合わせになりますので、予めご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>