5月 28

5/28よりGarminPayが使えるようになりました!

FA645-payGARMINウォッチをかざすだけで、「ピッ」と決済ができるようになりました。
「GarminPay」は、今のところ三菱UFJ-Visaデビットのみ使用可能です。

日本は現在、交通機関をはじめ、おサイフケイタイなど一般的な非接触決済はソニー開発のFeliCaを採用しています。
ところが欧米では、FeliCaよりも前にTypeAB型という規格が使われており、こちらが主流のため、日本も2020年の東京オリンピックに向けて、海外からの方が使用できるよう、TypeAB型の対応を急ピッチで進めているようです。

Garminウォッチは、日本で初めてのTypeAB型タッチ決済対応ウォッチになります。
現在「GarminPay」の使える機種は、新発売のForeAthlete645とvivoactive3のみですが、随時追加されると思います。

ということで、個人的にVISAデビットを作り、新発売のForeAthlete645へ追加してみました。

Garminの下記サイトの動画がわかりやすく説明していますが、私が一般的な名称が分からず、入力に戸惑う部分がありましたので、ご説明したいと思います。

GPay_1GPay_2

 

1. ガーミンコネクトモバイルを立ち上げて、詳細から「Garminデバイス」を開きます

2.VISAデビットを入れるデバイスを選びます

3.GarminPaを選び、右上のカードに+の青いマークをタッチします

4.カードの種類(VISA)を選びます

5.カード情報を入れます。
セキュリティコードはカード裏面の3~4ケタの数字です。
GPay_3GPay_4

6.または、「カードのスキャン」を選ぶと、手元のカードをスキャンする画面になります。上下左右を緑色の枠に合わせます
ここの「カード確認コード」はセキュリティーコードのことになります。裏面の3~4桁の数字を入れます。

7.利用規約を「承諾」しますと、「認証コード」を受け取る方法を聞かれます。
登録のメールアドレスか電話で受ける、または指定の電話番号へ連絡するから選びます。

8.今回はメールアドレスへ「認証コード」を送ってもらい、その数字を入力して追加が完了です。

GPay_6GPay_7

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、現在、GarminPayは海外では使用可能店舗は多いと思いますが、国内では、マクドナルドやTSUTAYA、イケア、関西国際空港内店舗、他となっています。今後、急速に使用可能店舗が増える予定のようですので、まもなくお財布や携帯を持たずに、ランニングの途中に飲み物等が買えるようになるでしょう。楽しみですね