«

»

3月 23 2014

GARMIN VectorJ 待望のアップデート!その方法をご紹介

GARMIN VectorJ Ver.2.40+Edge810J Ver.2.50当初は2013年中にアップデートされる予定だった、VectorJのアップデートが10日ほど前に公開されました。
これで、名実ともに「ペダル型パワーセンサー」としての機能がお使い頂ける事になります。
当店ご購入のお客様に関しましては店頭でのバージョンアップを承ります。
また、店頭在庫のVectorJは最新ファームへのアップ済みですので、ご購入後にすぐに 「ペダルスムースネス」と「トルク効率」の表示が可能となっております。

GARMIN VectorJ 180,000円(税別)

高額商品ですので増税前のご購入をお勧めいたします。

では、簡単に作業手順をご紹介しておきます。

この新機能をお使い頂くためには、Edge810JEdge510J共に本体ファームをVer.2.50にアップし、「ペダルスムースネス」と「トルク効率」の表示を可能にしておく必要があります。

そして、PCにVector Updaterをインストール。

Windowsでアップデーターを起動後した際の画面遷移は、以下の通りになります。

基本的に表示された画面の通りに進めばアップデート完了です。

付属のANTスティックを差し込むと、ドライバーが自動インストールされます。

GARMIN Vector Updater

 

次にペダルとポッドの接続を確認。

GARMIN Vector Updater

 

VectorJ側を初期化するために、電池を外して20秒以上待ってから再度取付けます。

GARMIN Vector Updater

 

ペダルとパソコン間の距離は3m以内として、通信が始まるのを待ちます。

GARMIN Vector Updater

 

通信が開始されると現在のバージョン等が表示されますので、「次へ」

GARMIN Vector Updater

 

使用許諾チェックをオンにして、クランク長をセットして「次へ」

GARMIN Vector Updater

 

左側のペダルから更新が始まります。

GARMIN Vector Updater

 

左ペダル更新後の確認。

GARMIN Vector Updater

 

次に右ペダルの更新が始まります。

GARMIN Vector Updater

 

そして、右側ペダルの更新に移ります。

GARMIN Vector Updater

 

左右がの更新と検証が終了すると、更新作業は完了です。

GARMIN Vector Updater

 

以上、ここまで15分程度でしょうか。