11月 07

Garmin inReach で日本語のメッセージを送受信する方法!

各地から雪の便りが届く今日この頃、そわそわと雪山の準備を始めている方も多いと思います。

さて、9月末に『Garmin inReach Mini』が発売になり「日本語で使えないの?」というお問い合わせを多くいただきます。
携帯のつながらない雪山で、全世界でつながるinReachで日本語メッセージがやり取りできたら、それはすごく便利だし、安心だと思います。

答えを先に言いますと「Yes」です。
スマートフォンも携帯していれば日本語メッセージの送受信が意外と簡単にできます。

この機種はインターナショナルモデルのみで日本語版は発売されていないため、メーカーへ問い合わせても「無理です!」という回答しかもらえませんでした。
ならば、弊店のデモ機で試してみようと、お客様からのリクエストで実験してみました。
下記がテストの結果です。

左がinReachの画面、右がスマートフォンの画面です。

inreach_gps   inreach_phone

 

 

 

 

 

 

 

1. まず『Earthmate』というアプリをスマートフォンに入れます
2. スマートフォンとinReachは Bluetoothでつなぎます
3. 『Earthmate』のMessagesで、日本語で入力し送信します
4. inReachを経由して、日本語メッセージを宛先へ衛星通信で送ります
5. 左の写真のとおり inReachの画面では文字化けしますが、相手には日本語で届きます
6. 下記が相手に届いたメッセージです。1行目のように「了解」と日本語で届いています
7. 下記の2行目にあるURLから返信メッセージを日本語で送ります
8. inReach(左)へ届いたメッセージは文字化けしていますが、スマートフォンのEarthmate(右)は日本語で表示されます。
(ちなみに日本語と英文字のミックスメッセージは「□□□OK?」と表示されました)

inreach_mail

という結果でした。手軽に衛星通信を使ってメッセージの送受信ができました。

では、次にどれくらいの費用がかかるのか?
弊店は個人向けの一番安いセーフティプランにしています。年間ですと月額$11.95ですが、30日ごとの自由契約にしました。こちらですと月額$14.95になります。その他に自由プランには年会費$24.95がかかります。

お仕事で年間を通してご使用になるなら年間契約の方が断然お得ですが、シーズンオフなど使用しない期間はお休みしたいということなら、自由契約でよいかと思います。

その他の費用は、定型文のプリセットメッセージは無制限無料、その都度メッセージを打つ場合はセーフティプランは10件まで無料、11件目からは$0.5、位置情報・トラック発信は一回あたり$0.1。
何十円単位のものなので、これで世界中のどこからでも仲間や家族へ気軽に連絡できるとしたら、決して高くはないと思うのです。

店頭ではデモ機もご覧いただけます。
ご不明点やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

◆GARMIN inReach Explorer + :¥59,184(税込)
◆GARMIN inReach Mini Orange :¥40,824(税込)
◆GARMIN inReach Mini Black :¥40,824(税込)