«

»

4月 23 2016

GARMIN 光学式心拍計の話

GARMIN Elevate™ heart rate technology

GARMIN Elevate™ heart rate technology

毎回、新製品が出るたびに欠品するほど人気のGARMINの光学心拍計搭載モデルですが、これについてのご説明を少々。

最近、この光学式心拍計の事をGARMINは『Elevate™ heart rate technology』と呼びはじめました。
原理としては、血管に光を当てて心臓の鼓動と共に変化するヘモグロビンの量を読み取るというもので、胸ベルトが不要で手軽に心拍トレーニングが始められるというもの。これがこんなに人気であるという事は、やはり、今までの胸ベルト式は着け心地などの面でみなさん抵抗があったという事でしょう。

しかしながら、直接心臓の電気信号を読み取る胸ベルト式に比べると、急激な変化に追従しずらいなど精度面では若干劣るものとお考えいただければと思います。心臓から遠く離れた手首で血液の流量から心拍を予想しているわけで、ある程度は仕方ないと割り切る必要がありそうです。
より正確な心拍数を計測してストイックにトレーニングに励む方は胸ベルト式、より気軽に心拍トレーニングを始めたい方は光学式心拍をお選びになるのが良いかもしれません。
メーカーもその点を記載したページを公開しています。

それと、よくお問い合わせのあるのが「スイミングで使えますか?」というもの。
まず、ForeAthleteに関しましてはスイム関係のアクティビティ自体に対応していませんので✖。
fenix3Jに関しましては、屋外スイムとプールスイムがありますので、アクティビティ計測には対応していますが、光学式心拍計では正しい計測が出来ません。このため、スイム関係のアクティビティを選択して計測スタートすると光学式心拍計のライトが消灯します。
やはり、スイム関係の心拍計測には、専用の胸ベルト式心拍センサーHRM-Triをお使い頂く必要がございます。

もう1点、24時間心拍計測機能に関して、「まれにしか心拍計が光らないんですけど?」というお問合せ。
これはそういうもので故障ではありません。
アクティビティ計測中は常時計測で1秒毎に心拍数を記録しますが、時計モードの時は不定期に心拍計測が行われます。
心拍数の変動が激しい時には頻繁に測っていて、安静な時には計測間隔が長くなるような気がしますがあくまでも感覚的な感想です。

GARMIN fenix3J Sapphire HR 88,560円(税込)
GARMIN ForeAthlete235J 39,744円(税込)
GARMIN ForeAthlete225J 36,504円(税込) → 29,800円(税込)  ※数量限定セール中!