«

»

8月 04 2013

GARMIN fenixJ ベルト交換について

当店でも順調に販売数が伸びているGARMIN fenixJですが、それに伴い替えベルトも人気のオプションになっています。
この替えベルトですが、交換にはちょっとしたコツがあります。
本日も、「ネジが回らないんですが…」とわざわざ店頭まで足をお運びのお客様がいらっしゃいましたので、その点をここで紹介させて頂きます。

GARMIN fenixJ ベルト交換

fenixJ ベルト取付け部の構造

ベルクロストラップやオレンジの替えベルトなど、いずれかのベルトに付け替える場合は既存のベルトを外さなければなりませんが、これに手こずる場合があります。
交換ベルトにはトルクスドライバーが2本付いてきますので、両端のボルトを同時に緩める事により左右どちらかのボルトが緩みます。

しかし、厄介なのが「緩まなかった側」のボルトです。
ベルト取付け部の構造としては、六角柱(一般的な時計でいう所の「バネ棒」にあたるパーツ)の両端にネジが切られており、ここに両端からボルトがねじ込まれる事により固定されています。そして、ベルトにはこの六角柱がすっぽり入るような六角の穴が空いています。

片側のボルトが外れた状態ですと、六角柱の固定はすっぽりとはまったベルトのみになります。
ベルトは樹脂製ですので、もう片方のネジが固く締まっている場合はベルトの中で六角柱が空回りしてしまうことになり、「緩まない」という結果になってしまうわけです。

 

GARMIN fenixJ ベルト交換

スリーブ部をペンチで固定

この場合、この空回りを防ぐべくラジオペンチなどでガッチリと挟んであげればよい訳です。
ベルトに傷がつくのが気になる方は、薄めのラバーなどを噛ませてからはさめば安心です。
付属のトルクスドライバーを回すのと同時に、一瞬ペンチをギュッと挟んであげれば簡単に 緩めることが出来ます。

当店でお買い上げのお客様は、店頭でのお取替えも承りますのでお気軽にお声掛けください。