«

»

6月 09 2016

ForeAthlete630Jを使ってみました!

昨日発売のForeAthlete630Jで走ってみました。

wachまず外見から。

ディスプレイが、枠内ほぼいっぱいまで大きくなって見やすくなりました。
数字の太さもクッキリとしていて瞬時に認識できます。
項目名の文字は細く、走りながらでは老眼の私には見えませんので、項目の場所を覚える必要があります。
バイブレーションや音も充分認識できます。
画面の明るさについては、夜間試していないのでわかりませんが、ビカビカというよりはホンノリな加減に見えます。最近のGARMINの設定にある「時計を見た時」「8秒」にしてみました。ボタンをおさなくてもライトがつくので、とても便利です。

LT
さて、今回新たにマイデータに「乳酸閾値」が加わりました。

乳酸閾値とは、トレーニングをしていて急にきつくなる境目のことで、その時体内では乳酸が急激に増え始めるそうです。

緩めの脂肪燃焼モードから強度を上げると、エネルギーに変えるのに手間のかかる脂肪だけでは賄いきれず、簡単にエネルギーになる糖を使い始め、体内に乳酸が増えてくるのだそう。

この閾値ペース、閾値心拍を越えない程度の負荷で練習すると、閾値が上がるというトレーニング方法がネット上にたくさん紹介されています。

写真のように私の閾値ペースは約6分/km、閾値心拍は152bpmと計測されました。
数か月後にどうなるか、少し楽しみです。

またハートレートセンサーHRM-Runと組み合わせてとったデータをガーミンコネクトに転送すると、色とりどりのグラフが並びます。

connect-2
この「設置時間バランス」は、実はこの前走で左に負荷がかかっていたので、右側を意識して走ったデータです。道路を走っていると左側通行の日本は左側に水捌けの傾斜があり、普通に走ると左足に乗ってしまうようなので、少し改善してみました。

グラフを見ると、歩幅や上下動にバラつきがあるので、これも今後の課題です。フォームを改善する必要がありそうです。

VO2 MaxVO2Maxも予想タイムも少しずつ上がっていくと嬉しいものです。

これだけ多くの分析データがあるとつい楽しくなってしまい、明日も走ろうかな、とモチベーションが上がります。

店頭にデモ機をご用意しております。
お店の近くには外苑や新宿御苑などランニングしやすい場所がありますので、ぜひお試しになってみてください。

◆GARMIN ForeAthlete630J HRM-Runセット :¥53,784(税込)
◆GARMIN ForeAthlete630J :¥48,384(税込)