«

»

2月 23 2013

ForeAthlete10Jが人気な理由

発売以来、毎日何名ものお客様が見に来られています。
現在、弊店人気ナンバーワンの「ForeAthlete10J」の機能をご紹介したいと思います。

まず、GPS受信機について。

ForeAthlete610、910XTJに引き続き、ForeAthlete10Jも「みちびき」に対応しています。

ForeAthlete10Jでスタートキーを押すと衛星を捕捉し始めるのですが、今までの機種に比べて  だんとつに早いイメージがありました。

そこで、下記の3機種の衛星捕捉時間を計ってみました。

測定の場所は、弊店前の3m程の路地です。家とビルの間で空の狭い環境です。

もちろん個体差やその時の衛星状況でも変わりますので、ご参考までに。

 

◆工場出荷後、初めて電源を入れた時

ForeAthlete10J     58秒18
ForeAthlete110  1分56秒49
ForeAthlete610  1分43秒58

◆電源を切って10分後に電源を入れた時

ForeAthlete10J    9秒21
ForeAthlete110   47秒26
ForeAthlete610    29秒63

これなら、毎日ストレスなくスタートできますね。

 

次に、ビギナーに嬉しい機能として「自動ポーズ」がついています。

だいぶ上の機種には付いていた機能なのですが、10Jにも搭載されています。
ランナーズウォッチに慣れていないビギナーの私は、都内を走る時、信号ごとのスタートストップ操作が苦手で、逆録をしてしまうこともしばしば。感度の良い10Jは、信号で的確に止まって再スタートします。

すぐ上の機種ForeAthlete110にはない機能は、自動ポーズ以外にもあります。
「バーチャルペーサー」と「ラン/ウォークアラート」と「50m防水」です。

「バーチャルペーサー」は、910XTJと610に付いている「バーチャルトレーナー」の簡易版で、そのうちのペーストレーニングだけができるものです。

「ラン/ウォークアラート」は、910XTJ、610、210にある「インターバルトレーニング」の時間だけをアラートしてくれる簡易版です。

防水性能は、910XTJと同じ生活防水以上の「50m防水」で、日常はもちろんアウトドアでも安心して着けっ放しにすることができます。

その他、データページも2ページあり、距離・ペース・時間・カロリー表示が可能です。

 

ForeAthlete10Jは、「良いとこ取り」の機種といえそうです。

その反面、かなり割り切った作りなので出来ないこともあります。

まずハートレートはつながりません。
稼働時間もGPS使用時は、5時間です。
とても軽いのですが、高級感はあまりありません。

 

ForeAthlete10Jは、低価格だけど機能は充分、初めての方にも敷居の低いGPSトレーニングウォッチですので、「難しそう…」と思われていた方にも、ぜひトライしていただきたいです。

 

それから、女性のランナーさんには、ぜひピンクとグリーンを試していただきたいです。カラーだけでなくサイズもかわいいのです。GPSトレーニングウォッチとしては、初めての「腕からはみ出ないサイズ」だと思います。

 

デモ機は各色ご用意していますので、ぜひお手にとってお試しください。

ご来店をお待ちしております。

 

◆ForeAthlete10J  14,800円(税込)