«

»

8月 31 2015

GARMIN ForeAthlete225Jを一週間使用してみました。

225_activeGARMIN ForeAthlete225Jの発売より1週間が経ちました。

本日も在庫のお問い合わせをいただきましたが、弊店初回入荷分は昨日で完売し、次回入荷分のご予約を始めさせていただきました。次回の入荷は9月末頃とお待たせしてしまう上、個数も確定しておりません。大変恐縮でございますが、ご予約の順にご案内させていただきますので、ご理解の程、お願いいたします。

さて、人気のForeAthlete225Jを一週間使用してみました。
何と言っても、胸ベルト無しで心拍数が分かるのは便利です。ハートレートセンサー&ストラップの洗浄に気を遣わなくてよいのも気楽です。
また、歩幅やピッチ(1分当りのステップ数)も、毎日意外とブレがないことが分かりました。

そして、GPSオフ時は活動量計として、歩数や睡眠状態等を記録してくれます。
これ一台で日常生活全般を「ガーミンコネクト」1つにまとめられるのは魅力的です。

気になる電池持ちですが、毎日20~30分のランニングをして、普段は活動量計として使用し、データの送信はBluetoothで行いましたところ、1週間で電池残量は約50%になりました。

今の私のペースで使用すると、フル充電でちょうど2週間稼動することになります。「GPS時 7時間&時計時 2週間」という内訳です。スペック表で「GPS時 10時間、時計時 4週間」ですので、充分合格なラインだと思います。

1週間の期間、片手にForeAthlete225J、もう片方にvivoactiveJという変な井出達で暮らしておりました。
同時にランニングデータもとってみました。1点だけ自動ポーズの設定が異なっていることと、スタートストップのタイミングも同時にできないため、foreAthlete225Jのが少し長めになっておりますが、ほぼ同じといっていい結果となりました。

違う点は、消費カロリーくらいでしようか。ForeAthlete225Jは心拍数から、vivoactiveJは統計データから出しています。ForeAthlete225Jの場合は、同じ場所・同じ距離でも心拍数によって消費カロリーは結構違います。

ForeAthlete225J

ForeAthlete225J

 

 

 

 

 

 

vivocativeJ

vivocativeJ

ところで、光学式心拍計といえば先駆者はEPSONさんです。
SF-810は、活動量計はついていませんが、GPSの測位性能も良く、心拍数の測定も安定しています。
次回は、片手にSF-810、もう片方の手にForeAthlete225Jをつけて走ってみたいと思います。
メーカーによって、分析の違いがどのようにみられるか、とても楽しみです。