«

»

11月 06 2006

eTrexCX(2GBの検証)

eTrexCXシリーズ発売され1週間が経ちましたが、このモデルでもお約束の2GB検証(メーカー保障は1GBまで)をやらねばという事で、今回はeTrex LegendCX-Jに登場してもらい、実験を開始した訳ですが、面白い実験結果が...

実験のその前に、まずは、GPSMAP60CSxで使っている2GBのmicroSD(マップソース転送済み)をスロットに差し込んでみました。

はい、予想通りアンロックエラーです。これで使えたらロック解除処理の意味が有りませんね。
次は、2GBが正常に認識されているのか? eTrex LegendCXをUSB Mass Storegeモードにして、WindowsXPからプロパティを見てみます。

問題無く認識されているようですね。
次にGPSMAP60CSx-J+2GBの際に問題になった、転送区画2025エリアの縛り
も確かめてみましょう。今回もTOPO Canadaを使います。

2025区画の縛りはGPSMAP60CSx-J同様、こちらでも存在しているようです。
次は実際に転送可能な容量はどの程度なのか?TOPO10Mv7とCityNavigator日本版を使って、とりあえず1997.1MBを転送してみると。

ここでも予想通りエラーですが、転送可能な容量は1933.1MBとわかりました。(GPSMAP60CSx-Jのテスト時は1936.9MBでしたが、このあたりの差異は、またの機会にレポートしましょう。)
それでは、素直に1933.1MBに選択区画を再設定し、転送をしてみましょう。
索引ファイルとマップセットの作成に13分5秒が充てられ、データが送信され始めました。

ここで注目して頂きたいのが、「残り3時間10分」という表示です。。(GPSMAP60CSx-Jの時は「残り2時間29分」でした。
この残り時間は転送開始直後に、その時点での転送レートを元に計算しているようですが、eTrexCX-Jはなんと40分以上も余計に掛かる予想です。
そして、3時間以上じっと我慢して...計測結果は、3時間5分29秒となりました。少しだけ予想時間より早まりましたが、3時間以上掛かってしまいました。GPSMAP60CSx-Jの時の実測値が2時間28分31秒でしたので、その差、36分58秒でした。
現実的に大量データの転送はメモリカードリーダーで高速転送すればよい事ですので、さして問題は無いのですが、CPUの能力に差が有るのでしょうか?それとも、通信関係の何か?使用しているPCは同じものですし、特に重いアプリを動かしていたという事もありません。とても気になります。

気を取り直して、LegendCX-Jには正常にマップソースが転送されたのかどうか?を確認してみましょう。
転送後のUSB Mass Storageプロパティと、地図画面のインフォメーション、及びグリッドは以下です。



転送後のLegendCX-Jを見てみると、使用に際してはGPSMAP60CSx-Jの時にコメントした内容と同じように、一部もたつき感は有りますが、特に問題は無いようです。
という事で、転送スピードの疑問は残りますが、GPSストア的にはeTrexCXシリーズと2GBのマッチングはOKとさせて頂きます。
念のため、メーカー保障は1GBまでですので、各自でご使用の際はくれぐれもOwn Riskでお願いしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>