«

»

6月 01 2015

GARMIN Connect IQ解説(カテゴリー)

GARMIN Connect IQ

GARMIN Connect IQ

先週、GARMIN vivoactiveが新発売になり、また、ForeAthlete920XTJもファームアップによりConnect IQに対応するようになりました。

このConnect IQですが、何となくAppleのAppStoreやAndroidのGoogle Playのミニ版のような感じ?なのはお判り頂けるかとは思いますが、ApplicationやWidgetなどが存在していて最初は戸惑う事も多いかと思います。

では、まず最初に、このカテゴリーを簡単にご説明します。

1. Applications

いわゆるアプリケーションですが、これをダウンロードするとアクティビティプロフィールの選択画面に追加されます。例えば、星座の早見表などがあります。
起動する時は、ランやバイクなどのアクティビティを選択するのと同じように選択します。

2. Data Fields

トレーニング中には距離やスピードなどの各種データがデータフィールドに選択して表示させる事が出来ますが、このデータを1種類増やすというものです。例えば、高度変化グラフなどがあります。
高度変化グラフは通常は高度ページで確認できますが、このData Fieldsをダウンロードする事により1つのデータ項目として他のデータ項目と同時に見ることが可能になります。ダウンロードして使える個数には制限があります。

3. Watch Face

時計モードで時刻表示している際の時計デザインです。デジタル時計風であったり、アナログ時計風であったり、ダイバーズウォッチ風であったりと。気分に合わせて時計のフェースを変えることが出来ます。
アナログフェースの多くは、バッテリーセーブモードに入ると秒針が消えてしまうものがあるので注意しましょう。
例えば、11種類のデータが表示できるActiFaceなどが人気です。

4. Widget

時計モードの時にページ送りをした時に表示されるページを増やすというものです。vivoactiveですと、通知やステップ数がありますが、ダウンロードしたアプリがそこに追加されます。
例えば、アウトドアハンディには標準搭載されている「釣りと狩猟」のベストタイムを表示してくれるHunt & Fishなどがあります。

さて、ここまでで、何をダウンロードしたらどこに入るのかがお判り頂けたかと思いますので、アプリをお好みに合わせてダウンロードして頂ければと思います。

現在発売中のConnect IQ対応機種は以下になります。

GARMIN vivoactiveJ white 36,799円(税込)
GARMIN vivoactiveJ black 36,799円(税込)

GARMIN ForeAthlete920XTJ BlackBlue 49,464円(税込)
GARMIN ForeAthlete920XTJ WhiteRed 49,464円(税込)

両機種とも、店頭デモ機もございますので皆様のご来店をお待ち申し上げております。