«

»

5月 17 2010

別売zumo660用モーターサイクルマウントの使用法

ここ数日、数名のお客様よりお問い合わせ頂いた、取り付けに関する疑問点に灯りが見えましたのでご報告です。

bolt_nat_set.jpgまず、zumo550用モーターサイクルマウントには付属していた、取り付け用ビスナットやセキュリティドライバーがzumo660用モーターサイクルマウントには付属しません。

理由は、米国ガーミンサイトでも確認出来ますが、zumo660から取り付けビスナットはRAM Mounting Kit に付属するようになったからのようです。

zumo550からのリプレース時などは、AMPSホールパットの買い増しだけで事足りますので、マウントパーツは不要な訳です。しかし、ビスナットセットのみの商品設定は今のところありません。
いいよねっとさんには事情を説明し、単品パーツの設定をお願いしましたが、今のところどうなるか分かりません。 専用のビスナットセットは6月5日より取り扱い開始(追記)
ちなみに、TOURATECHのマウントにはビスナットセットが付属しますので、問題はありません。

m4_spacer_nat_pack.jpg

そこで、zumo660用モーターサイクルマウントAMPSホールパットを直付けする際のGPSストア流代替案を模索してみました。
M4のボルトや緩み止めのナイロンナット、ワッシャーはどうにでもなるのですが、上の写真左手に写っているハカマ付きのスペーサーがどうにもなりません。

空いた時間に、ハンズのネジコーナーを物色すると丁度良さそうな4×10スペーサーがありました。
ついでにテスト用にM4x25mmと念のためM5x25mmも入手しました。
ナイロンナットは店の道具箱にあったものを利用。

m4_spacer_nat.jpg

マウントに付属しているラバーブッシュはスペーサーが入るだけの径がありますので、ほぼ5mm。
スペーサーの外形は5.3mmで丁度良さそうです。
ラバーブッシュに4×10のスペーサーをはめ込み、AMPSホールパットを合わせてみると、ホール長が10mm弱となり、こちらも具合が良さそうです。


m4_spacer_nat_set.jpg

実際に全てをセットしてみました。
AMPSホールパットのビス穴も5mm強ありますので、こちらもGOODです。
スペーサーを使用する事により、ラバーブッシュとボルトのねじ山が干渉し、振動で削れる事も無くなります。

欲を言えば、スペーサーの長さを1mmほど削れば、その分、ラバーブッシュでのフローティング率が高まり、対振動性はアップするかもしれません。

コストは300円程度ですので、お試し下さい。

また、ここでは「さら小ねじ」のM4x25をつかっていますが、「なべ小ねじ」のM4x20がジャストフィットだと思いますので、お試しいただく時はお間違いなく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>