«

»

11月 09 2007

Xプロダクツインプレ(4GBへの挑戦 その1)

HCxシリーズ発売目前の今日この頃ですが、昨年ご好評を頂いた「2GBへの挑戦シリーズ」に引き続き、「4GBへの挑戦シリーズ」(笑)開始です。

CityNavigatorとTOPO10Mの双方を日本全土分転送しようとすると、2.7GBオーバーとなってしまい、現メーカーサポート範囲内の2GBを超えてしまうのは皆様ご承知の通り。
それで、どちらかを絞って転送する訳ですが、これがとても気持ち悪いと思うのは私だけでしょうか?
でも、2GB以上はSD規格ではなくて、SDHCという拡張された別の規格な訳で、おいそれと挑戦も出来なかったのですが、最近は6GBも登場し4GBの値段もだいぶ落ち着いてきました。そこで、今回テスト用に入手してみました。
SanDisk4GB.jpg
例えば、GPSMAP60CSxですが、日本版の最新ファームはVer.2.40で、その説明には「英語版3.50までのファームアップ内容を盛り込みました。」とあります。
それじゃ、と、英語版3.50までのChange HistoryをGARMINのサイトで確認すると。
60csx_change_history.jpg
3.10から3.20の修正点に怪しい項目があります。
という事は、イケルんじゃないでしょうか?と、とりあえずアタリは付けてあった訳ですが...
リソース喰いのCNJ801とJPTP700の同時転送には、恐らく2時間以上掛かるはずですので、今日のところはライセンスフリーのWorldMapの一部を転送してみました。
Ver.2.21ファームで追加された「カード情報」で確認してみましょう。
4GB.jpg
OK,イケそうですね。しっかりと3.8GBを空き容量として認識しています。
地図画面での表示も確認しましたが、問題無さそうです。
2025区画の壁は越えられないとしても、本当に2GBの壁を越えた地図が本体で表示できるのか?もう少し踏み込んだテストをする必要があります。
今日のところは、取りあえずここまでで、CNJ700とJPTP700の合計約2.2GBの転送掛けて帰宅する事にします。
(その2)をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>