«

»

9月 20 2006

日本地形図(TOPO10M)microSD版 新発売

スロットインですぐに使えるXプロダクツ対応microSD版マップソースの第1弾、日本地形図(TOPO10M)microSD版 全5地区が発売になる旨、発売元の(株)いいよねっとさんからアナウンスがありました。

  • 1088000 Area1 北海道 22,050円(税込)
  • 1088001 Area2 東北 22,050円(税込)
  • 1088002 Area3 関東・中部 22,050円(税込)
  • 1088003 Area4 近畿・中国 22,050円(税込)
  • 1088004 Area5 四国・九州・沖縄 22,050円(税込)
  • ※細かなエリア境界は店内設置の資料をご覧ください。


    この商品は、日本全国が5地区に分割されたTOPOデータが512MBのmicroSDメモリに格納されているというもので、CD-ROMやDVD-ROMなどの他メディアは付属しません。従って、パソコン上では地図データを見る事も出来ませんし、ウェイポイントやトラックデータのやり取りも出来ません。
    「価格は高いし、パソコンでは地図が見れないし、それって、パソコンが苦手な人にための商品でしょ?」と思った方...多いと思いますが、実は侮る事なかれ、この商品には別のメリットがあるんです。
    「スロットインですぐに使える」んです。
    という事はこのGPSMAP60CSx-Jでも、あのGPSMAP60CSx-Jでも、そして、今後発売が予定されているeTrexCxモデルであっても使い回しが出来るって事ですよね?ひょっとして。
    例えば、次の新型GPSが発売されたとして、そのモデルがmicroSDスロットを装備していれば、今までのように地図データも買い換えなければならない...なんていう事も無くりますよね。
    山岳会で全エリアを揃えておいて、山行の申請が有った時点で該当地区のmicroSDを貸し出して、個々のGPSで使用するなんていう運用も考えられる訳です。
    少しばかりコストの掛かる商品ですが、運用形態は色々工夫が出来そうです。
    明日はGPSストアの定休日ですので、こちらの商品は8月21日(木)の開店時よりご覧頂けます。日本全域の5地区全て入荷致します。デモ品もご用意しておりますので、ご自身のGPSMAP60CSxにスロットインしてお試し頂く事も可能です。
    また、GPSストアではmicroSD版マップソースのレンタルも計画中です。
    「製品購入前に試してみたいなぁ」、という他にも、例えば、「今度、屋久島の宮之浦岳を登りに行くんだけど、四国・九州・沖縄は今後使う予定も無いしなぁ...」、なんていうケース等には便利かと思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>