«

»

3月 23 2008

PhotoTrackrトラックログ比較(その1)

GPSストア新規取り扱い商品のPhotoTrackr。さて、その実力は如何に。

今回は、今なお実力と人気の高いGPSMAP60CSxと、次世代スタンダード?Colorado300、そして、今までログ取り用にお勧めしていたeTrexHの4機種対抗です。 

20080322_start.jpg 各機器の設定は以下の通り、

  • GPSMAP60CSx-J Software 2.50/GPS Software 3.00
  • Colorado300 Software 2.40/GPS Software 2.60
  • eTrexH Software 2.80
  • PhotoTrackr Lite 3.00
  • ハンディの3機種はいずれもWAAS/MSAS補正が装備されていますので、こちらをオン。
    マップマッチはオフ。ログ取得間隔は全機種1秒毎です。 今回は少しだけ趣向を変えて、GoogleEarthをベースに比較してみましょう。 セクション1前半はGPSストア内の中継電波から屋外の直接波に切り替わり、JR中央線を潜り首都高の下を左折すると言う悪条件が重なるセクション。
    トラックの色は上記設定情報のテキストカラーと同じになっています。 20080322_1.jpg どれもメロメロですが、強いて言えば黄色のPhotoTrackrが派手にショートカットしています。セクション1の中盤は首都高下です。
    過去にも紹介していますが、こんな感じの場所ですね。 20080322_methw.jpg 空の半部以上が隠れています。 20080322_2.jpg どの機種も派手な吸い込み等は気になりませんね。Coloradoがなんとなく安定していて、eTrexHが暴れが大きいような。。。 さて、そして、いつも差が現れるセクション1の最終地点。JR千駄ヶ谷駅前を過ぎガードを潜りながら左カーブ。そして、御苑に突き当たり右カーブです。 20080322_3.jpg JR千駄ヶ谷駅前でクランクになっていますが、GPSMAP60CSxが最も忠実に軌跡を再現しています。御苑の緑に沿った右カーブなどは素晴らしいの一言。Coloradoも頑張ってそれに続きます。PhotoTrackrはショートカットのクセが目立ちますね。 以上でPhotoTrackrトラックログ比較(その1)は終了、(その2)は明日にでも。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>