«

»

8月 03 2008

nuvi250Plus vs 250 名前検索と増量された住所データ

増設された名前検索と増量された住所に関して、新旧の比較をしてみました。

今回はレスポンスが比較できるように動画でご紹介。
過去にもご紹介している牛丼の吉野家を新旧のnuviで検索してみます。
上段がnuvi250Plusで下段がnuvi250です。

旧名前検索(現名前周辺検索)はスペルをタッチした瞬間から裏で検索が始まっているようで、「よしのや」を入力してから「完了」ボタンをタッチするまでに時差が有ると正確な比較が出来ません。従って、nuvi250側はスペル入力から「完了」タッチまでの時差をなるべく少なくしています。
さて、ご覧になって如何でしょうか?
確かに50音検索は早いですね、一瞬にして結果が得られます。
でも、遥か彼方のそれも牛丼屋さんじゃない「よしのや」ですので、最寄の吉野家は良くわかりません...が。
また、名前周辺検索は部分一致ですが、50音順の名前検索は前方一致です。
次のケースは50音順検索が得意とするユニークな名称を持つ施設として、「とうきょうでぃずにーらんど」を検索してみます。

このケースの名前周辺検索は辛いですね...
東京ディズニーランドがあちこちに有るわけではありませんので、複数ヒットしたとしてもあそこですし。
どちらの名前検索も長所・短所がありますので、上手に使い分けて頂けたらと思います。
オススメとして、ユニークな名称は「名前検索」で、どこにでも有る名称の時は検索方法でなるべく絞込みをしてから「名前周辺検索」です。
最後に、1.6倍に増えたという住所データを簡単に比較してみましょう。
本日いらしたお客様が試しに検索した、岡山県笠岡市山口の情報です。
まずは、nuvi250
address_250.jpg
そして、nuvi250Plus
address_250plus.jpg
枝番のある場所だとその差は歴然ですね。
nuviは電話番号検索が得意ですが、住所検索を多様する方はこの変更点が大きな魅力になりますね。
いずれにしましても、ここでお伝えできる情報はほんの一部です。
店頭にはnuvi250とnuvi250Plusでそれぞれのデモ機がご用意してありますので、ご自身の目で比較されお確かめ頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>