«

»

2月 14 2010

コンパクトGIS 地図太郎 取り扱い開始


chizutaro.jpg先日、お客様からのお問合せを頂いた事から、地図太郎の取り扱いを始める事にしました。
一般的なGISソフトと言えば50万円程もするような非常に高価なものですが、地図太郎は一般的に必要な機能のみに絞り込み、シンプル化する事で価格を抑えたものです。
先日、このブログではご紹介した「林業GPS徹底活用術」でも取り上げられています。
GISソフトですので、もちろんShapeファイルの読み書きやESRIのワールドファイルの読み込みに対応。
Exif付きJPEGデータの自動位置合わせや、GoogleEarthで使えるKMLデータの読み書きも可能です。

先日、地図太郎の取り扱いに先立ち、開発元である東京カートグラフィック株式会社の方から導入教育を実施して頂きました。スタッフ3名が参加し、基本的な扱いをレクチャーして頂きました。

普段、カシミールとGPSを組み合わせてフィールドで使っている私達スタッフから見ると、GISは「なんでも出来そうだけど、何が出来るかわからない」という、捕らえ所の無い高価なソフトとして映っていましたが… 今回のレクチャーでなんとなく理解できました。
非常に多種のベース地図が読み込め、そこに点、線、面のデータをレイヤとして重ね、csvデータと連携させて地図上にグラフを表示するなど、本当に「何でも出来る」感じがします。
まだまだスタッフ勉強中につき、満足したサポートが無理かもしれませんがよろしくお願い致します。
東京カートグラフィック(株)社製
■地図太郎 CD版 3,980円(税込)
■地図太郎PLUS CD版 19,000円(税込)
週明け取り扱い開始で当面はお取り寄せ商品として、翌営業日お届けの形になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>