2月 05

GARMIN colorado300(その3) カシミールとの連携

今日は簡単にテスト可能なTipsをひとつ。

私も山で使う際にいつもお世話になっているソフトであり、日本が誇るGPS連携ソフト「カシミール3D」との連携を確かめます。
カシミール3D / 風景CGと地図とGPSのページ
(その1)にてPCと接続した際に、nuviやzumo550同様USB MassStoregeモードになってしまい、非常に心配でしたので、今回は本当にダメなのかのテスト。
colorado_mss.jpg
USBケーブルを接続すると、こちらの画面。PC外部HDDに見えちゃいます。
カシミール3Dを起動し、ファイルのアップロードを指示してみると...
colorado_kashimir_error.jpg
まぁ、予想通りと言えば予想通りなのですが非常に残念。
MapSourceであればzumoやnuviでも、そして、coloradoでもトラックやウェイポイントなどの送受信が可能ですので、是非、カシミール3Dも対応して頂けたらと切に思います。
ガーミンの新世代GPSは恐らくこのプラットフォームに統一されていくでしょうし...


2008-02-12 追記
トラックのアーカイブ機能を使用する事により、問題無くカシミールとの連携が可能な事がわかりました。詳しくは→(その7)

コメントを残す

Your email address will not be published.