«

»

8月 24 2014

ForeAthlete15Jをさっそく使ってみました

FA15J_vivofit本日8/24は、ForeAthlete15Jの発売日です。
各色入荷いたしました。もちろんデモ機も店頭にご用意しております。ぜひお試しください。

さて、発売日早々foreAthlete15Jとvivofitを2つ同時に腕につけて使用してみました。
写真のとおり、ライフログについては、少し違いがあるようです。

◆FA15J   5391歩  3.84km  998kcal
◆vivofit      6444歩  4.57km    1021kcal

プロフィール設定はそろえてあります。
vivofitは、少し多めに表示される、というご意見も多くありますので、ForeAthlete15Jの方が実際に近いのかもしれません。

 

ところで、最近少し通勤ランニングを始めた私にとって、ForeAthlet15Jの発売はとても待ち遠しいものでした。

vivofitのロイフログ機能とランニング用GPSウォッチが1つになって切り替えができるということは、vivofit (16,500円)と ForeAthlete10J (15,984円)の2台分が一台になったということで、さらにランニング用の機能もアップしているのですから、なんともお買い得な製品です。

 

今までは、vivofitに心拍計をつけて走っても、ウォーキングとランニングでは歩幅が違いますので、距離もカロリーも違ってました。
そこでランニング用を右手に、vivofitを左手につけて走っていましたが、これがForeAthlete15Jでしたら1台でできるのです!素晴らしい!!

 

とはいえ、vivofitにはForeAthlete15Jにはない良い点があります。
1つは、1年間交換不要なバッテリー駆動ということ。面倒な充電も必要ありません。
また、パソコンやiPhoneへデータを転送する際もボタンを押すだけですので、面倒なケーブル接続がいりません。
それから、寝ている間の体の動きを記録するスリープ機能はForeAthlete15Jには無いようです。

 

ますますライフスタイルに合わせて選べる機種が増え、ワクワクしますね!

 

ガーミンコネクトも日々進化しており、すべてのアクティビティを見やすくまとめてくれます。
自転車、ランニング、ライフログ、アウトドアと、すべて違う機種を使用していますが、ガーミンエクスプレスでデバイス管理をすれば、ガーミンコネクトへのデータアップはとても簡単です。
ぜひ、新しいガーミンコネクトも体験なさってください。