«

»

5月 30 2017

fenix5xの地形図の秘密?(TOPO 10M Plus V4)

現在ガーミンジャパンから発売されている登山地図は「TOPO 10M Plus V3」ですが、一足先にV4を見ることができます。

BaseCampにfenix5xをつないでみると、fenix5xにはこれだけの地図がインストールされています。
海外のマップは今回のファームアップで追加されました。もちろん全域ではなく一部分のみですが。

一番下段にJapan Topo 10M Plus V4とあります。
fenix5x_map

 

 

 

 

 

 

下は一例ですが、そこそこマイナーな山もデータがかなり増えていました。
下記は浅草岳の叶津口からブナ平辺りです。

左がV3、右がV4です。
V4は、V3のように国土地理院の地図データを鵜呑みにせず、独自の登山道を引き、さらに役立つインフォメーションが追加されています。

TOPO V3

TOPO V3

TOPO V4

TOPO V4

 

 

 

 

 

 

 

いろいろな山域を見てみましたが、TOPO V4はあまりにも細かく、良くできていて驚きました。

今、GARMINの日本版のGPSには初めから国土地理院データを元にした「日本詳細地形図2500/25000」がインストール済ですが、もしTOPO 10M Plus V4が発売されたら、これは比較にならないデータ量です。本当に使える生きた情報が満載のマップだと思います。

弊店のパソコン画面でもご覧いただけますので、まだ発売前ですが、ご興味のある方はぜひ見にいらしてください。