«

»

9月 11 2016

eTrex Touch 25J/35J 9月28日新発売!

35j_map 25j_profi小型軽量ハンディGPS「eTrexシリーズ」にタッチパネル版が新登場です。
まったく新しい筺体の発売はなんと3年振りで、たくさんのお客様がお待ちになっています。

その気になるeTrexTouchの詳細をメーカーからの情報をもとにご紹介していきましょう。

まず、本体の大きさと画面の大きさについて。

外見は、eTrex20xJ/30xJに比べて、横幅だけ4mm大きくなっています。重さは、10g程度重いようです。

一方、画面は、2.2インチから2.6インチへ。たぶん縦が12mmくらい長いはずです。
解像度は、eTrex20xJ/30xJが240×320ピクセルに対して、160×240ピクセルと低く、これはスペック表を見てみると、GPSMAP64SJと大きさ、解像度ともにまったく同じです。

次に、一番気になる地図のプレインストールについて。

なんと「日本詳細地形図」という国土地理院地図を元にした地図がプレインストールされているとのこと。
現行の「日本登山地形図TOPO10MPlus v3」に比べれば情報量は少ないようですが、とりあえず別売の地図を購入せずとも登山で使えるわけです。しかも「登山道ルーティング可」とあります。

あとは、商品名にあるとおりタッチスクリーンを採用することで、ボタン操作を覚えなくても直感的に操作ができます。その代り電池持ちは、eTrex20J/30Jのたぶん約半分程度ではないかと思います。

それでは、Trex Touch 25Jと35Jの違いについて。

まず、どちらの機種にも3Dコンパスが付いています。
気圧高度計とANT+センサー対応、スマートフォンの通知機能は、35Jのみの機能になります。

ですから、登山で標高データや気圧状況を知りたい方や、自転車でケイデンス等のセンサーをご使用になりたい方は35Jをお選びいただいく方がよろしいかと思います。

また、スマートフォンの通知機能は、スマートフォンに届いたメッセージやメール等を35Jの画面で読むことができます。今はGARMINの腕時計タイプには付いている機能ですが、使ってみるとなかなか便利です。

気になるお値段は、eTrex Touch 25J ¥54,800(税別)、eTrex Touch 35J ¥64,800(税別)。

いずれも発売日には充分な数をご用意いたしますが、初期ロットは在庫切れ必至ですので、ご予約も承ります。
なお、ご予約は9月14日(水)からとなります。

また、発売日当日には、デモ機をご用意いたします。ぜひお手に取ってご検討ください。

プレスリリースの写真を見ますと、アクティビティプロフィールがしっかりしているようです。アクティビティごとの設定がご使用の鍵になりそうです。
弊店ではご購入時に、お一人ずつお話を伺いながら、ご使用のご用途ごとのプロフィールをお作りします。オンラインストアでもコメント欄にご用途をお書きいただけば、弊店でお薦めの設定をお作りします。

お店を出た瞬間からご使用いただけるよう、またご不明点はいつでもご質問いただけるようサポートさせていただいております。
ハンディGPSのご購入は、ぜひ専門店の弊店で!