«

»

11月 27 2016

「日本詳細地形図2500/25000」の無料インストールにつきまして

64dkgすでにお気付きの方もいらっしゃると思いますが、「日本詳細地形図2500/25000」が無料インストールできるようになりました。

そこで、弊店のデモ機にも「日本詳細地形図2500/25000」をインストールしてみました。

写真のパソコン画面では、「Japan Electronic Geospatial Map 2016.10」と表示されます。
GPS本体の地図情報画面には、「Japan DKG Map 2016.10」と表示名が異なります。

今のところインストール可能な機種は、GPSMAP64SJ、eTrex20xJ、eTrex30xJの3機種のようです。

 

eTrex30xJ地図情報画面

eTrex30xJ地図情報画面

「日本詳細地形図2500/25000」は、新発売機種のeTrex Touchの2機種にプレインストールされている地図と同じものです。

国土地理院地形図データを元に作成した、10m(最大5m)等高線や登山道、崖マークなどがわかりやすく表記されている地図で、山小屋、三角点、送電線、電波塔、植生記号、等深線などの情報や、市街地でも十分に使える信号機、交差点など詳細道路情報や政令指定都市の区、市区町村名も収録しています。

この地図は日本登山地形図TOPO Plus v3ほど充実していませんが、ハンディGPS単体をご購入いただけば、とりあえず地形図は無料で付いてくるわけですから、今まで「高いから…」と導入に踏み切れなかった方も、地図分の18,360円を節約できますので、ご検討のチャンスだと思います。

なお、3GB以上ある地図のため、インストールには注意が必要です。
とにかくインストール時間がかかります。
GPSMAP64SJは40~50分程度だったと思いますが、eTrex20xJ/30xJは3時間以上かかりました。PC画面上の転送予定時間とはまったく異なりますのでご注意ください。

弊店で該当ハンディGPSをご購入される場合、パソコンをお持ちでないお客様へはインストールの代行も承ります。その際、メールアドレスが必要ですので、お知らせください。前日の15時までにご連絡をいただければ、翌日にご用意できると思います。オンラインストアもコメント欄にご記入いただきましたら、発送まで1日余分にお時間を頂戴しますが承ります。お気軽にご相談くださいませ。

 

◆日本詳細地形図2500/25000の詳細

◆日本詳細地形図2500/25000の更新手順