«

»

11月 22 2011

2012年 春の自転車用GPS事情

mitsudomoe.jpg

2011年11月現在、自転車用のGPSといえば、やはりGARMIN Edge800Jの人気はダントツで、発売から半年以上たった今でも毎日何名ものお客様が試乗にいらっしゃいます。
Edge800Jは文句無く、ナビゲーション機能、トレーニング機能ともにトップで、こんな小さなボディによくぞこれまでの機能が満載されているなと関心してしまうほど完成度の高いGPSです。
そしてこの冬から春にかけて、Edge800Jに続け!とばかりに、各社特色のある自転車用ナビが発売される予定です。

cm13.jpg

まず、12月くらいにユピテルさんから「ハンディGPSマップ ASG-CM13」が発売されます。
「ASG-CM12」の後継機ですので、ケイデンスやハートレート等のセンサー類は接続できません。
新機種は、地図の鮮度が新しくなり、ボディも少し小ぶりに。さらにタッチパネルの性能がアップし、縦横表示切替が可能になります。機器をツイストすることで画面を切り替える機能もつくとのことです。
基本的にできる機能は、前機種とほぼ同じですので、少しかっこよくリニューアルする、というイメージかと思います。価格は据え置きの29,400円と聞いています。
発売日はまだ未定ですが、決まりましたらブログやオンラインストアにアップいたします。

sgx-cn700.jpg

次に、まったく違う角度から作られた自転車ナビが、来春2月頃にパイオニアさんから発売される予定です。
「サイクルナビゲーション SGX-CN700」は『ポタナビ』とサイクルモードで紹介されていました。ポタリングで街の散策を気軽に楽しむためのパートナーといった感じでしょうか。
ポタナビの注目すべき点は、通信モジュールが内臓されているところです。NTTドコモの通信回線を利用して、いま走っている場所の先にあるグルメスポットや観光スポット等を次々と紹介してくれるので、気軽に寄り道ができ、ポタリングを楽しめるという仕組みです。
また、回線がつながっていることで、パソコンとのリンクが簡単で、走行ルートやデータなどは走っている間も、Web上のご自分のページに自動記録されていきます。なんだか近未来的でワクワクしますね。気になるドコモの通信料は2年間分無料でついてくるそうです。
その他にも「サイクルコンピュータ機能」として、キャラクターがダイエットを応援してくれるようなモードがあったり、メーターモードもバックの色がかえられたり、と遊び心満載です。
OEMではなくパイオニア自社開発製品ですので、発売後もリクエストで新しいアプリが発売されれば、より自分色にカスタマイズできる楽しいGPSにできるのではないかと期待しています。
こちらは、スピードかケイデンスのどちらか1つ選べるセンサーが付属しています。ハートレートも別売で使用可能です。
詳しくは、パイオニアメーカーページでご覧いただけます。

vector.jpg

また、春にはGARMINより、ペダル内蔵型のパワーメーター「VECTOR」が発売される予定です。
ペダルにパワーメーターがついたことで、パワーだけでなく左右バランスやケイデンスも計測可能になります。より本格的なパワートレーニングが可能になり、「VECTOR」を取り入れることでEdge800Jは自転車用GPSの完成形になるといっても過言ではないと思います。
来年の春以降は、
王道の体育会系 GARMIN「Edge800J」、
誰でも簡単に使える ユピテル「ASG-CM13」、
比較的若い人や女性にうれしい パイオニア「ポタナビ SGX-CN700」
と各自のスタイルにあった自転車用GPSをお選びいただけるようになりそうです。楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の HTMLタグおよび属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>